UEFA 欧州選手権ドイツ-ハンガリー戦における政治的中立性についての議論

パンデミックにより延期され、2021年の今開催されているUEFA EURO2020。昨日はミュンヘンでドイツ対ハンガリーの試合が行われ、辛くも引き分けに持ち込んだドイツが決勝トーナメント進出を決めました。

この試合に先立ってドイツで議論になっていたのが、「ドイツ-ハンガリー戦に合わせてミュンヘンの競技場を虹色にライトアップする案をUEFAが拒否した」ことの是非です。

背景

ことの発端はハンガリーで5月に提案され、6月に成立した、未成年に対して同性愛や性転換を宣伝・奨励することを禁止する法律です。法律のそもそもの趣旨は、児童に対する性的虐待を防止する、ということのようですが、そこに反LGBT的な要素が加わったことや、具体的にどのような行為が「同性愛や性転換を宣伝・奨励する」とみなされるのかが…