ドイツに来て一年が経った

日常生活について

三回引っ越した

  • 会社が用意してくれたアパート (二ヶ月くらい)
    ロケーションはよかったけどソファベッドしかなかったので腰痛持ちには辛かった。期限付きだったのでいずれにせよ引っ越す必要があった。
  • 次の引越し先がなかなか見つからなかったので郊外のAirbnb物件 (一ヶ月くらい)
    赤の他人の母子家庭と同居で、他人の家で生活する窮屈さで気が休まらなかった。
  • 赤の他人と同居 (三ヶ月くらい)
    ロケーションは最高だったので、定住する気満々だった。しかし壁が薄かったこともあり同居人の音楽や電話の音がうるさくて気が休まらなかった。大家さんに何度か文句を言って同居人の排除を試みつつ、同居人が出ていかない場合の引越し先を探す戦術を取った。ちょうど引越し先を探していた仲の良い同僚と一緒に物件を探し、目処がついたところで退去を告げた。同居人も同時に契約を解除されていた。
  • 同僚と同居 (現在)
    同僚がドイツ人ということもあり契約もその後の諸々の手続きも順調にできた。彼には感謝してもしきれない。ドイツ最大の繁華街の中の、二人では持て余すほど広いアパートに住んでいる。ハンブルクに来て半年、ようやく安住の地を得た。

ドイツ語の進捗は微妙

剣道

労働

仕事の内容

同僚たち

働き方

その他

ハンブルクで良かった

移動が便利

身の振り方を再度真面目に考えないといけない

犬か猫が飼いたい

--

--

--

https://akihiko.eu/

Love podcasts or audiobooks? Learn on the go with our new app.

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store
ITOH Akihiko

ITOH Akihiko

https://akihiko.eu/

More from Medium

Invalid

Final Draft

GOERGES MÉLIÈS

Asian in America: Three times growing up as an international adoptee felt like betrayal