ドイツで自動車の購入・登録

ドイツに来て1年半、ようやく念願の、そして人生初の自動車を手に入れた。

今まで、バスと電車を乗り継いで片道一時間弱かけて、ときに極寒のバス停で20分近くバスを待ったりしながら道場に通っていたのが、片道15分程度に短縮される。市内の他の道場や、試合などで訪れる体育館も、だいたい交通の便が良くない場所にあるので、車を手に入れたことで出稽古や試合に行く物理的・心理的障壁がグッと下がる。

出かけることに対する障壁が下がるというのは、結構重要。
車を運転できる年齢になってから今まで、公共交通の便利なところで暮らしてきたので、都市部で車を持つことは無駄だと思っていた。都市部なら多少時間がかかってもバス、電車、自転車、カーシェアリングなど、特に移動に困ることはないし、遠出するにしてもその都度車を借りるほうが、月給の何倍もの大金をはたいて車を買い、安くない維持費を払い続けるよりも安上がりで便利だと思っていた。
しかし、例えば車を借りるとなると、事前に予約する・手続きをするという手間や、数十〜数百ユーロという出費や、時間通りに返さなければいけないというプレッシャーがコストとなって心理的障壁を上げる。僕の場合、週末にちょっと出かけようという思いつきは、この障壁を越えられない。…